FaceBook利用規約

林 孝匡弁護士がわかりやすく解説

FaceBook

Meta Platforms, Inc.

林 孝匡 弁護士からの
気をつけよう!

2022/11/21 更新

お使いのブラウザは対応していません。お手数ですが、Canvasに対応したブラウザをお使いください。
権利関係 ••• レベル1 解除解約 ••• レベル1 あなたの義務・責任 ••• レベル0 事業者の義務・責任 ••• レベル3 その他
(プライバシー等)
••• レベル1
林 孝匡弁護士 - - - 同一カテゴリの平均
(低) 安心のレベル (高)
━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ すべての行動(タップ)が把握されている!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
と思ってください。
・何をシェアしたか
・どんなコメントをしたか
・アプリ上でどんな行動をとったか

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ あなたの個人データが利用される
━━━━━━━━━━━━━━━━━
広告配信で収益をあげているため。
ただし、広告主はあなたを特定できない。
伝わるのはザックリ情報だけ。

====

あとは、
⚠️ 損害賠償トラブルですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
🔥 コンチクショー!損害賠償請求したい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

時、ありますよね。

たとえば、

「どうしてくれんのよ...」
「完全に、おたくのチョンボやん!」
「わたし悪くないやん!」

って時です。

====

あなたが
事業者に連絡して、

「あの〜...損害が出たんですけど」

って伝えたしましょう。

ここで、
強烈なカウンターパンチを
喰らう可能性があります。

↓↓↓

・一切責任を負いません!

って、規約に書いてますよね。
どうぞお引きとり下さい。

ピシャ!

↑↑↑

「え、マジで...」

ってなりますよね。

でもコレ、
戦える可能性ありです。

詳しくは解説をご覧ください。

↓ その他もろもろ【ポイント解説】へGo ↓

利用規約:2022-07-26改定版、 プライバシーポリシー:2022-07-26改定版。

本レベルは上記サービス自体の評価ではありません。サービスの利用時に、特に知っていて頂きたいレベルを表したものです。

類似のサービスも見てみよう

「SNS•メール」

FaceBookのポイント解説

弁護士それぞれの観点で
「特に重要なポイント」を解説

項目1:権利関係

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 知的財産を侵害しちゃダメ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.2に記載あり。
くわしくは別の規定あり
→【知的財産権】(リンクから飛べるようになってます)
別に規定を設けてるくらいなので、知的財産に対する態度はキビしめな印象。
侵害行為をすると、アカウントが永久的に停止されるおそれあり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ あなたの投稿などは利用される
━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.3に記載あり。
たとえば、あなたがFacebookで写真をシェアした場合、
Facebookはその写真を保存、複製などをできる
(写真を削除すれば、Facebookのその権利は消滅する)

項目2:解除解約

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ アカウントが永久停止のおそれあり
━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.2に記載あり。
規約違反などの行為があった場合

項目3:あなたの義務・責任

■ 3-1、3-2
 一般的な内容。ザッと目を通しておきましょう。

項目4:事業者の義務・責任

2点、お伝えしますね。

・一切責任を負わないよ!
・ウチはこんだけしか賠償しないよ!

って言われても、
戦える可能性あり。

順番にいきます。

━━━━━━━━━━━━━━
▼ 一切責任を負わないよ!
━━━━━━━━━━━━━━
って書いてますね(4-3 第2段落)

常に有効かは疑問。
戦える可能性あり。

*** 解説 ***

事業者に【大チョンボ】がある場合、
「一切責任を負わね〜」
はダメなんです。

法律用語で言えば、
大チョンボ=【重過失】
ってことです。

消費者契約法に書いてるんですね。
(8条1項1号・3号)

【大チョンボ】がある場合、
損害賠償請求できます。

====

かるく解説を。

松・竹・梅
みたいに、

チョンボには
3種類あるんです。

・通常のチョンボ(過失)
・かるいチョンボ(軽過失)
・大チョンボ(重過失)

====

で、
【大チョンボ】がある場合、
損害賠償請求できるってわけです。

トラブったときは、
【果たして、どのチョンボか?】
でバトることになるでしょう。

トラブったときは、専門家に相談を!
(国民生活センターや弁護士など)

項目5:その他(プライバシー等)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ あなたの個人データが使用される
━━━━━━━━━━━━━━━━━
広告配信のために(冒頭の2段落目)
その結果、あなたの興味・関心にあった広告が配信される。
ただし、広告主があなたを特定できない
広告主が知れるのは「サイクリング好きの18歳〜35歳までの人」くらいの情報
あなたの氏名やメールアドレスなどの個人情報が広告主に伝わることはない。
「ユーザーの情報を売ることはない」と宣言している(プライバシーポリシーにて)

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ あなたのアクションが利用される
━━━━━━━━━━━━━━━━━
3-3の2

私としては、かなりおせっかいな機能!

たとえば、あなたが、
①広告のイベントに興味を持ってることや、
②ある広告にいいね!をしたことが、
あなたの友達に表示される場合がある
(★設定で変更可能)
 
※ たとえば、
承認せざるを得なかった職場の上司(【友達】であろうはずがない)に、
あなたの関心が伝わるおそれあり。
「○○に興味あるんだね」と話しかけられて鳥肌MAXになる事態も想定される。
Facebook上の友達にウザイ奴がいる場合は、設定で変更しておきましょう。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

どうすればいい?(個人情報トラブル)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ここからはマメ知識を。

個人情報でトラブったときの、

✔︎ 4つの対策
✔︎ 駆け込み寺

をお伝えしますね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ あなたができる4つの対策
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】
「わたしの個人情報、どう取り扱われてるの?」

 と思った場合
 
 以下の請求ができます
 
 ・私の個人情報を開示してよ
  (個人情報保護法33①)
 ・誰に提供したの?
  第三者に提供した記録を開示してよ
  (33⑤)

【2】
「勝手に第三者に提供しないでよ」

 と請求できます(35③)

【3】
「消してよ」

 個人情報の訂正、削除などを請求できます
 (34①)
 
 厳密に言えば、
 あなたの情報が「誤ってるとき」に請求できる。
 でも、情報が正しくても応じてくれる...はず。
 〈個人の人格尊重〉
 という法の理念(3条)に照らせば。

【4】
「もう、わたしの個人情報を使わないでよ」

 以下の場合、利用の停止を請求できる(35①)
 
 ・利用目的の範囲を超えて使われている場合
 ・不適正に利用されている場合

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ Help me!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「申し入れたけど、応じてくれない!」

って時。

外部機関に駆け込みましょう

方法は、以下のとおり

↓↓↓

✔︎ 認定個人情報保護団体に申し入れる(53条)
 この団体が事業者に
 「おい!ユーザーから苦情でてるぞ」
 と言ってくれます。
     
     ↓
  万が一、解決しなければ
     ↓

✔︎ 個人情報保護委員会に申し入れる(146条)
  以下の権力を持った強力な機関です
  
  ・指導、助言
  ・報告、立入検査
  ・勧告
  ・命令

トラブったとき、実践してみて下さいね

ではまた、
別の利用規約でお会いしましょう!

この投稿は、2022年11月21日時点の情報です。

また、解説にない箇所が重要でない
ということではありません。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご活用いただくようお願いいたします。

他の弁護士のレビューも
確認したいですか?

評価をリクエスト 0

リクエストが多い順にレビューしています!

事業者様へ

ご意見・ご要望はこちら

ユーザーの皆様に、ルールを伝えるための
お手伝いをさせてください