ZOZOTOWN利用規約

山本 恭輔弁護士がわかりやすく解説

ZOZOTOWN

株式会社ZOZO

山本 恭輔 弁護士からの
気をつけよう!

2022/05/12 更新

お使いのブラウザは対応していません。お手数ですが、Canvasに対応したブラウザをお使いください。
権利関係 ••• レベル1 解除解約 ••• レベル1 あなたの義務・責任 ••• レベル1 事業者の義務・責任 ••• レベル3 その他
(プライバシー等)
••• レベル1
山本 恭輔弁護士 - - - 同一カテゴリの平均
(高) 気をつけよう!のレベル (低)
免責条項については非常に細かく,ZOZO社側が有利になっている印象でしたが,その他の部分に関しては消費者にも配慮されたバランスの良い規約になっていると思います。

利用規約:2021-10-21改定版、 プライバシーポリシー:2021-09-30改定版。

本レベルは上記サービス自体の評価ではありません。サービスの利用時に、特に知っていて頂きたいレベルを表したものです。

類似のサービスも見てみよう

「ショッピング全般」

ZOZOTOWNのポイント解説

弁護士それぞれの観点で
「特に重要なポイント」を解説

項目1:権利関係

第16条「情報の管理」1項に,ZOZO社は,サービスに関連して利用者が発信したコンテンツを自由に利用でき,利用者に対して金銭などの支払を要しないことが書かれています。
第22条「知的財産権」1項に,サービス上で提供されるコンテンツの著作権などは,全てZOZO社とコンテンツ提供者に帰属することが定められています。

項目2:解除解約

第13条「商品の返品、交換並びに注文の撤回及び取消し」1項に,ZOZO社が下の返品を受け付ける場合が決められています。具体的には,
・商品が模造品または海賊版であることが判明した場合
・破れ,ほつれ,色落ち,カビその他の破損がある場合または販売ページ上の商品の品質に関する説明と異なる場合
ご注文内容と異なる種類又は数の商品が到着した場合
・以下のいずれにも該当しない場合で,かつ,利用者が商品受領後7日以内にZOZO社が定める手続によって返品の申請を行った場合
① 使用済み,お直し,洗濯またはクリーニングされた場合
② 商品タグまたはラベルが切り離された,または紛失された場合
③ 返送時の商品(付属品を含む)の状態がお届け時と比べて劣化している場合
④ 商品に臭いが付着し,汚れまたはキズが生じた場合
⑤ パッケージが商品の一部となっている商品について,パッケージが開封された場合
⑥ 下着,水着,靴下その他肌に直接触れる商品,化粧品その他の衛生商品,福袋,フィギュア,雑誌,ギフトラッピングを利用した商品または本サイトにおける販売ページ上に「返品・交換対象外」の記載がある商品の場合
また,5項に,返品とは別に注文のキャンセルについて書かれています。ZOZO社は,予約商品及び受注商品(福袋・福箱を除く)については注文確定から24時間以内に限り,また,その他の商品については注文確定後注文履歴から確認できる商品の発送状況が「発送準備中」と表示されている期間に限りキャンセルを受け付けることになっています。

項目3:あなたの義務・責任

第8条,9条,20条,24条で,以下の事項が禁止されています(主なものを列挙します)。
・規約違反
・自己のログイン情報を他人に利用させたり漏洩したりすること
・他人に迷惑をかける行為,そのおそれがある行為
・サービスを商業目的で利用する行為(ZOZO社が予め認めたものは除く)
・法令に違反する行為,そのおそれがある行為
・虚偽又は誤解を招くような内容を含む情報を登録する行為
・他の利用者の個人情報を収集する行為
・不正なプログラムなどを用いて,サーバーに負荷を与える行為
・同一利用者が複数の会員登録をする行為
・過度に注文をキャンセル又は商品を返品する行為
・ZOZO社の信用を落とす行為その他ZOZO社が不適当であると合理的に判断する行為
・サービスに関する権利や義務を他人に移転させる行為

項目4:事業者の義務・責任

第19条に,ZOZO社は,サービス上のリンクや広告,不可抗力について責任を負わないことが書かれています。
第8条3項,9条5項,14条1項2項では,ZOZO社に重大な落ち度がない限り,ZOZO社によるサービス利用停止,ショップスタッフや利用者が投稿する写真やコメントによって利用者に損害が発生しても,ZOZO社は責任を負わないとされています(なお,商品の欠陥については,返品という形でのみ責任を負うことになっています)。
また,第14条5項では,ZOZO社に落ち度があっても,その落ち度が重大でない場合には,利用者に発生した損害などについて,ZOZO社は,利用者に現実に発生した通常の範囲の損害などに限り,代金相当額を限度として責任を負うことになっています。

項目5:その他(プライバシー等)

利用規約第15条とそれを受けたプライバシーポリシーで個人情報などの扱いが決められています。
企業が取得する情報の範囲は,一般的なものと思われます。
個人情報の利用目的は,基本的にはサービスの提供のためのものですが,一部,商品等の広告又は宣伝のため,マーケティングデータの調査,統計,分析のためなど,必要不可欠とはいえないものもあります。

この投稿は、2022年05月12日時点の情報です。

また、解説にない箇所が重要でない
ということではありません。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご活用いただくようお願いいたします。

他の弁護士のレビューも
確認したいですか?

評価をリクエスト 5

リクエストが多い順にレビューしています!

事業者様へ

ご意見・ご要望はこちら

ユーザーの皆様に、ルールを伝えるための
お手伝いをさせてください