PayPayフリマ利用規約

辻 真也弁護士がわかりやすく解説

PayPayフリマ

ヤフー株式会社

辻 真也 弁護士からの
気をつけよう!

2022/04/13 更新

お使いのブラウザは対応していません。お手数ですが、Canvasに対応したブラウザをお使いください。
権利関係 ••• レベル1 解除解約 ••• レベル2 あなたの義務・責任 ••• レベル2 事業者の義務・責任 ••• レベル2 その他
(プライバシー等)
••• レベル2
辻 真也弁護士 - - - 同一カテゴリの平均
(高) 気をつけよう!のレベル (低)
一度発生した利用料が返金されない点は注意が必要だが、問題となる場合は限られると思われ、全体として著しく不合理な点は見受けられない。
ただし、取引キャンセル時の規定は「ヘルプページ」にのみ記載されており、ガイドライン本文からのリンクもないなど、利用者の取引の流れを踏まえた読みやすい規定とはいえない。

利用規約:2022-04-01改定版、 プライバシーポリシー:2022-02-28改定版。

本レベルは上記サービス自体の評価ではありません。サービスの利用時に、特に知っていて頂きたいレベルを表したものです。

類似のサービスも見てみよう

「リサイクル・オークション」

PayPayフリマのポイント解説

弁護士それぞれの観点で
「特に重要なポイント」を解説

項目1:権利関係

<基本ガイドライン>
10(お客様のデータおよびコンテンツの取扱い>
→運営者は利用者の投稿したコンテンツを利用できる。

<PayPayフリマガイドライン>
第1条(PayPayフリマとは)
・売買契約は利用者間で成立する。

第2条(利用資格)
A(出品に必要な利用資格)
イ 事業者ではないこと(事業者はストア出店者として出品)。

第5条(売買契約の成立)
1 購入手続完了時に、出品者と購入者間で売買契約が成立

項目2:解除解約

<PayPayフリマガイドライン>
第4条(利用料金)
A(出品者)
一度発生した利用料は、次の場合でも返金されない。
・取引が完了し、運営者から出品者に商品代金が支払われた後に返品・返金することとなった場合

<PayPayフリマヘルプ>
落札後の落札者によるキャンセルには、出品者の同意が必要。
商品の不備によるキャンセルの場合、出品者と落札者で直接やり取りし、口座情報等を連絡する必要がある。
出品者と連絡が取れないなどの場合には、PayPayフリマ事務局に返金やお見舞いの申請ができる場合がある。

項目3:あなたの義務・責任

<基本ガイドライン>
8(当社のサービスなどの再利用の禁止)
→利用者が運営者のサービス提供目的を超えてサービスや構成データを利用した場合、運営者は、差止請求の他、利用者が得た利益相当額の損害賠償請求ができる。

9(当社に対する補償)
→利用者の行為に対するクレームなどで運営者に費用が発生した場合、利用者は、運営者の弁護士費用を含む損害賠償義務を負う。

12(投稿などの削除、サービスの利用停止、ID削除について)
→利用規約違反のおそれがあると運営者が判断した場合、長期未利用、契約関係の維持が困難であると運営者が判断した等の場合、運営者は、投稿削除、利用停止、ID削除等の措置を取ることができる。

<PayPayフリマガイドライン>
第6条(出品者の義務)
(1)法令、ガイドラインの遵守
(2)運営者所定のルールの遵守

第7条(出品者の遵守事項)
1 契約成立時の誠実履行義務
2 商品の瑕疵などに基づく返品・返金交渉申し出への対応義務
3 取引に必要な範囲を超えた、個人情報、コンテンツの收集、利用禁止
4 運営者から求められた場合の情報提供義務

第8条(購入者の遵守事項)
1 契約成立時の誠実履行義務
2 運営者から求められた場合の情報提供義務

第10条(当社の行う措置)
利用規約の趣旨に違反するおそれがあると運営者が判断した場合、運営者は、出品拒絶、編集、削除等をすることができる。

第11条(当社による売買契約の解除)
1ウ 運営者は、利用者が利用規約に違反すると判断した等の場合、利用者間の売買契約を解除することができる。

<PayPayフリマガイドライン細則>
A(出品者の禁止行為)
→一般的な事項に加え、ドロップシップ取引、自動出品ツールの使用、入札者を特定した出品などを禁止。
B(出品禁止物)
→一般的な事項
C(出品ルール)
→商品類型ごとに、出品時のルール、禁止事項を定めている。
D~ 省略

項目4:事業者の義務・責任

<基本ガイドライン>
10(お客様のデータおよびコンテンツの取扱い>
→運営者はデータのバックアップ義務を負わない。

13(免責事項)
→故意又は重過失によらない場合、運営者は免責される。
ただし、消費者契約の場合は免責されず、故意又は重過失の場合を除き、通常損害かつ有料サービスの代金額(1か月分)を上限として損害賠償義務を負う。

<PayPayフリマガイドライン>
第1(PayPayフリマとは)
(1)成立した契約に基づく一切の事項は利用者の責任。ただし、Yahoo!かんたん決済利用規約に定める運営者の義務は除く。

第9条(コメントツール)
運営者(及び利用者)は、コメントに関し、社会通念上相当な範囲での利用について免責される。

第12条(免責事項等)
1 運営者は、故意又は重過失がない限り、利用者間の取引について責任を負わない。
2 運営者は、出品される商品について保証しなし。
3 運営者は、取引の相手方の情報を開示する義務を負わない。

第13条(商品満足サポートについて)
届いた商品に満足できない利用者に対し、一定の場合にお見舞金をPayPayボーナスで支払う。

項目5:その他(プライバシー等)

<基本ガイドライン>
15(利用規約の変更について)
→運営者は利用規約を変更することができ、適切な方法で周知する。

<プライバシーポリシー>
2(パーソナルデータの利用目的)
4 運営者、グループ企業、提携先の広告に利用することができる

3(パーソナルデータの提供の同意)
2 個人識別情報を除き、グループ企業にパーソナルデータを提供できる

この投稿は、2022年04月13日時点の情報です。

また、解説にない箇所が重要でない
ということではありません。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご活用いただくようお願いいたします。

他の弁護士のレビューも
確認したいですか?

評価をリクエスト 10

リクエストが多い順にレビューしています!

事業者様へ

ご意見・ご要望はこちら

ユーザーの皆様に、ルールを伝えるための
お手伝いをさせてください