ポテパンキャンプ利用規約

山本 恭輔弁護士がわかりやすく解説

ポテパンキャンプ

株式会社ポテパン

山本 恭輔 弁護士からの
気をつけよう!

2022/02/07 更新

お使いのブラウザは対応していません。お手数ですが、Canvasに対応したブラウザをお使いください。
権利関係 ••• レベル2 解除解約 ••• レベル2 あなたの義務・責任 ••• レベル3 事業者の義務・責任 ••• レベル3 その他
(プライバシー等)
••• レベル2
山本 恭輔弁護士 - - - 同一カテゴリの平均
(高) 気をつけよう!のレベル (低)
全体的に抽象的、不明確でユーザーに分かりにくい、あるいは不利益な内容だったといわざるを得ないかと思います。重複、誤字、ですます調の不統一などの形式的な不備もあり、規約の再整備が期待されます。

利用規約:2021-10-18改定版、 プライバシーポリシー:改定日不明。

本レベルは上記サービス自体の評価ではありません。サービスの利用時に、特に知っていて頂きたいレベルを表したものです。

類似のサービスも見てみよう

「資格•講座」

ポテパンキャンプのポイント解説

弁護士それぞれの観点で
「特に重要なポイント」を解説

項目1:権利関係

13条で、サービス内でユーザーに提供するコンテンツその他全ての研修内容に関する知的財産権は会社に帰属することが確認されています。
また、サービス利用中、会社とユーザーが共同で作成した成果物がある場合、その所有権及び知的財産権は、全て会社が有するものとされています。
さらに、ユーザーは、投稿データについて、会社と他のユーザーに対しても、使用、複製、配布、二次利用などについての許可をすることとなっています。

項目2:解除解約

15条で、退会にあたり、会社に対して負っている債務が有る場合は、直ちに会社に対して全ての債務を一括で支払わなければならないとされています。
返金については、原則として行わず、次の場合にのみ所定のキャンセル料を差し引いて、受講料金を返金すると定められています。
① 入会日からコース受講開始日まで:キャンセル料税込55,000円
② コース受講開始日から1週間以内:キャンセル料税込88,000円
なお、9条6項で、転職支援サービスにおいて、全額返金保証制度が適用された一定の卒業ユーザーは、転職支援サービスを利用して企業から内定提示を受領できなかった場合、受講料金の全額の返金を受けることができることとされています。

項目3:あなたの義務・責任

4条、6条、9条、10条、21条、23条等に禁止事項が定められています。重要なものを列挙すると次のとおりです。
・ 法令に違反する行為
・ サービスを通じ、会社が指定する不適切な情報を送信する行為
・サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
・本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
・不正アクセス行為
・成りすまし行為
・会社が事前に許諾しないサービス上での宣伝、広告、勧誘、又は営業行為
・他のユーザーの情報の収集を目的とした行為
・他人に不利益、損害、不快感を与える行為
・反社会的行為、反社会的勢力への関与
・利用企業と、サービスを利用せずに、直接に業務委託契約をする行為、その勧誘をする行為
・会社の承諾を得ずに同様のサービスを提供する行為
・サービスを他人に利用させる行為
・転職支援サービスを通じて入手した情報を他人に漏洩する行為
・会社の書面による承諾なしに、サービスの内容コンテンツを録音、録画する行為、または、内容コンテンツをインターネットなどで他人に対して譲渡、送信などする行為

また、第4条では、ユーザーは、会社に対し、登録事項に関する情報を不備のないよう正確に提供するものとし、不備があったために会社に損害が生じまたは会社がクレームなどを受けた場合には、ユーザーはユーザーの費用負担と責任で対処することとされています。
22条では損害賠償について規定があり、ユーザーによるサービスの利用によって、会社に直接又は間接の損害が生じた場合、ユーザーは、会社に対し、そのすべての損害(弁護士等専門家費用及び会社において対応に要した人件費相当額を含む)を賠償しなければならないと定められています。

項目4:事業者の義務・責任

3条では、会社は、登録拒否の場合の理由について一切開示義務を負わないとされています。
9条では、ユーザーが転職支援サービスを通じて入手した情報を漏洩したと判断した場合には、会社は、転職支援サービスの利用を中止できるものとし、それによりユーザーに損害が生じたとしても、その損害について一切の責任を負わないと定められています。
11条、16条では、会社の都合により、サービスの内容を変更し、又は提供を終了・中断することができ、それによりユーザーに生じた損害について一切の責任を負わないこととなっています。
22条では、会社は、会社に重大な落ち度がある場合を除き、サービスの利用に関連してユーザーが被った損害につき、一切の責任を負わないとされています。

項目5:その他(プライバシー等)

5条及びそれを受けたプライバシーポリシーで、個人情報などの取り扱いについて定められています。
収集する情報の範囲については、特に規定がありません。個人情報の利用目的についても、「キャンペーン、モニターなどへの応募」などと何に使用されるのか一見して不明確な部分があります。
さらに、会社はCookie及び情報収集モジュール利用により生じた損害について責任を負わないものとされ、会社は裁量により個人情報などを削除することができ、これによってユーザーに損害が生じた場合であっても、会社は一切の責任を負わないものと規定されています。

この投稿は、2022年02月07日時点の情報です。

また、解説にない箇所が重要でない
ということではありません。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮して
ご活用いただくようお願いいたします。

他の弁護士のレビューも
確認したいですか?

評価をリクエスト 0

リクエストが多い順にレビューしています!

事業者様へ

ご意見・ご要望はこちら

ユーザーの皆様に、ルールを伝えるための
お手伝いをさせてください